NUMBER09 「ファンデーション」の起源と由来は?NUMBER09 「ファンデーション」の起源と由来は?

約100年前にネーミング

最初は現在の“化粧下地”のような
位置づけ

いまや当たり前に使われている「ファンデーション」という名称ですが、その由来をさかのぼると、1904年、アメリカのファッション雑誌(『VOGUE』)のなかで「ファンデーション・クリーム」と表現されたことが確認できています。ただ、このときのファンデーション・クリームとは、現在の“化粧下地”という捉え方が正しいと考えられています。文献※にも「このファンデーション・クリームは肌の状態を整え、欠点を隠す作用がある」と書かれているのです。

着実に進化してきた
「ファンデ史100年」

そもそも「ファンデーション(foundation)」とは、英語で“土台・基礎”という意味です。当時は白粉(おしろい)で仕上げる前に、肌の色ムラや毛穴をカバーする、ベースメイクの土台として使うのが一般的でした。
1940年代後半になると、「クリームファンデーション」や「液体ファンデーション」といった名称が現れます。その当時、注目の新製品として、絹の繊維を粉々にして混ぜたファンデが登場し、ツヤのある仕上がりが話題となったこともあるそうです。
その後、現在の姿に近い「ファンデーション」が続々と登場し、バラエティも豊富になっていきました。

※参照:リチャード・コーソン(1982)『メークアップの歴史‐西洋化粧文化の流れ‐』 石山彰(監)ポーラ文化研究所(訳)

この記事の回答者

高野 ルリ子

株式会社資生堂
企業文化部
文化資産
マネジメントグループ
マネージャー
博士(学術)

回答者プロフィール

1992年資生堂入社。
千葉大学大学院自然科学研究科博士後期課程情報科学専攻・学術博士。
「化粧の心理、生理的効用、顔の認知や魅力に関する研究」を主軸とし、
心理学的視点に基づくメーキャップテクニックの解釈や理論化に長年従事。
近年は化粧文化研究に注力。日本顔学会会員、理事。日本心理学会、日本感性工学会会員。
2014年4月より筑波大学グローバル教育院客員准教授。

READ MOREREAD MORE

この記事が役立った人におすすめこの記事が役立った人におすすめ