NUMBER53 資生堂が商品名に「ファンデ」を取り入れたのはいつなの?NUMBER53 資生堂が商品名に「ファンデ」を取り入れたのはいつなの?

「資生堂ファウンデーションL」を発売した1951年です

1951年発売のリキッドタイプで
「ファンデ」が商品名に

資生堂で、はじめてファンデの名前が登場したのは、1951年のことでした。名称は「ファウンデーションL」。このファンデは、まったく新しい形状の、液状油性化粧料。純度の高い植物油を完全に乳化させ、乳液のなかに、天然のシルクパウダーなどを混ぜたもの。これは、乳化技術を活用した、リキッドファンデの原点となる製品となりました。カラーバリエーションは、肌色をベースに3色が発売され、のちに7色まで展開されました。

images_q53_01.png

白粉からファンデへの大きな一歩が時代を更新

当時、色付きの白粉は広まりつつありましたが、液状油性化粧料、リキッドファンデはまだ新しい存在。実際に「化粧崩れがしにくい」と、先駆的な化粧品として話題を集めたそうです。この「ファウンデーションL」が誕生してから1年後、1952年に「ドルックス オーデブラン」という製品が発売。少量で思いのままにのびると、人気となったアイテムで、この製品も液状油性化粧料でした。白粉や基礎化粧品として、1932年よりシリーズ化されていた「ドルックス」という製品があり、「ドルックス オーデブラン」は「ドルックス」の乳液と白粉に、シルクパウダーを配合してつくられた化粧料です。このように、資生堂ではじめて誕生したリキッドファンデ「ファウンデーションL」は、それから先のファンデ研究・開発にとっての大きな一歩となったのです。

images_q53_02.png

この記事の回答者

高野 ルリ子

株式会社資生堂
企業文化部
文化資産
マネジメントグループ
マネージャー
博士(学術)

回答者プロフィール

1992年資生堂入社。
千葉大学大学院自然科学研究科博士後期課程情報科学専攻・学術博士。
「化粧の心理、生理的効用、顔の認知や魅力に関する研究」を主軸とし、
心理学的視点に基づくメーキャップテクニックの解釈や理論化に長年従事。
近年は化粧文化研究に注力。日本顔学会会員、理事。日本心理学会、日本感性工学会会員。
2014年4月より筑波大学グローバル教育院客員准教授。

READ MOREREAD MORE

この記事が役立った人におすすめこの記事が役立った人におすすめ