NUMBER62 カフェ店員のファンデづきあいって?NUMBER62 カフェ店員のファンデづきあいって?

いい笑顔を作ってくれる、
自分らしさを引き出すパートナー

ポイントはトータル感を意識しつつ
素肌感を活かすこと

店員が2人体制の小さなカフェなので、バリスタとしてコーヒーや紅茶を淹れるだけではなく、お客さまと間近で接客もします。
しかも、お店の立地は人通りの多い駅のほぼ目の前。
嫌でも見られるポジションなので、メイクや身だしなみには気を遣いますね。

ちなみに私が働いているカフェは、決まった制服がなく、あるのは「ベスト+シャツ」というシンプルなドレスコードだけ。
だから、朝はその日に着ていくコーディネートを吟味することからはじまります。
はじめに服装を決めて、それに合うメイクをしていく……という流れです。
私はナチュラルメイクが好きなので、いつも日焼け止めとファンデを塗って、その時々の季節感に合わせたリップやチーク、シャドウを付ける感じですね。
ファッションとメイクを合わせたトータル感と、シアーに仕上げた素肌感を失わないよう心がけています。
今は、パウダータイプのファンデを使っています。

自分の肌が好きになったら、
ファンデの塗り方にも変化が!

実は、ずっと自分の肌の白さがコンプレックスでした。
ところがある時、私の肌を見た方が褒めてくれたんです。
「すごくキレイ!白い肌はあなたのチャームポイントだよ!」って。
その瞬間、長年のコンプレックスだったことが嘘のように、自分の肌が好きになれたんです。
私にとって大きな転機でしたね。

肌に自信がなかったころは、「下地を塗って、ファンデを塗って、コンシーラーを付けて……」という、ひたすら隠すための“足し算”のメイクでした。
今はファンデを中心に、必要なものを選ぶ“引き算”のメイクになりました。
だから、かつての私のように、自分の肌が嫌いな人も、きっかけさえつかめればきっとそのコンプレックスを克服できるはず!

ファンデって、どうしても「カバーするもの」というイメージを持たれがちですが、隠すためのものから個性を活かして変えるものへシフトできると、メイクはもちろん、意識や考え方だって変えられると思うんです。

この記事の回答者

平山 奈美

カフェ店員・バリスタ

回答者プロフィール

2018年3月に東京・代官山にオープンした「it COFFEE」勤務。
スタイリッシュな店舗で提供されるこだわりのスペシャルティコーヒーや
日本初上陸となる豪州産のオーガニック・ティー「LOVE TEA」、オリジナル・コーヒー・ソフトクリームなどが話題。

READ MOREREAD MORE

この記事が役立った人におすすめこの記事が役立った人におすすめ