NUMBER63 キャビンアテンダントのファンデづきあいって?NUMBER63 キャビンアテンダントのファンデづきあいって?

「気持ちのいい接客」を
実現してくれるパートナー

第一印象を大切に、
“クイック&キープ”がCAスタイル

お客さまを笑顔でおもてなしするだけではなく、いざという時は人命を救うかけがえのない存在になりたい。
そう思って、キャビンアテンダントになりました。

現在は、国内線を担当し、多い日は一日に4フライトをこなす日もあるなど、忙しくも充実した毎日を過ごしています。
この仕事をする上で心がけていることは、すべてのお客さまから「気持ちのいい接客だな」と思っていただくこと。
飛行機って、本当にいろいろな国籍のお客さまが利用されるんです。
そんな方々への第一印象をよくしようと思うと、自ずとメイクも健康的で、明るい印象の仕上がりになりますね。

キャビンアテンダントとしての、ベースメイクのこだわりは、手早くかつ崩れにくくすること“クイック&キープ”ですね。特に、ベースメイクはフライト中に、直す時間がなかなか取れないので……。
だから、朝塗った状態をできるだけ長時間保てるよう、ムラなく丁寧に伸ばし、明るい印象に仕上げるよう心がけています。

より素肌感を活かした
ベースメイクへシフトチェンジ

華やかな印象を持たれることの多いキャビンアテンダントですが、現実は、一日中時間に追われながら、お客さまの誘導や手荷物の収納、さらに機内の清掃業務まで、汗かき仕事の連続……。
おまけに機内は、常時カラカラに乾いた“砂漠状態”という、肌にとっては過酷な労働環境なんです。
そんな環境もあってか、最近はどちらかというと「メイクをがんばる!」というよりは、ちゃんとスキンケアをして、肌をニュートラルな状態に戻して、自然な印象の化粧に仕上げる……というスキンケア重視に変わってきました。

そこで今、私が注目しているのが、保湿成分の入ったファンデ。
ファンデの機能は肌をカバーするだけだと思い込んでいましたが、ケアしながら美肌に仕上げられるタイプなら、私の願望にぴったり!
ファンデを使って、美肌見せメイクへのシフトチェンジを計画中です♪

この記事の回答者

長谷部 麻美

キャビンアテンダント

回答者プロフィール

国内航空会社キャビンアテンダント。
保険会社の営業職を経て、「もっと人から必要とされる存在になりたい!」という思いから、
接客業務と保安業務という2つの側面を併せ持つキャビンアテンダントへキャリアチェンジ。
現在は国内線クルーとして活躍中。

READ MOREREAD MORE

この記事が役立った人におすすめこの記事が役立った人におすすめ